GDPRが施行されました

EU域内での一般データ保護規則GDPR(General Data Protection Regulation)が2018年5月25日に施行されました。

国内外でオンラインストアビジネスをされている方であれば、GDPRの詳細については既にご存知かと思います。
一般的に「国内企業だから関係ない?EU支店は無いので影響なし?」といった誤解が生まれやすいのですが、日本国内の事業者でも、ECの顧客に対して販売をしたことがある、あるいは販売できる状態にあれば、該当していますので、よく知っておく必要があると思います。

顧客にGDPRに関するサポートメールを送る

さて、ここではまず一番初歩的で、すぐにやっておくべき対応作業である「GDPRに関して、顧客にメールする」ことを解説します。
海外企業のサービスや、過去に海外ショップからネットショップをしたことがある方であれば、既にGDPRに合わせてプライバシーポリシー更新のメールがいくつか届いているかと思います。

私も、個人的に利用しているメールアドレスにはこれまでに10以上の企業やショップからメールが来ていました。
概要は「プライバシーポリシーを更新したよ、私達は個人情報を厳重に扱う、もし自分のどんなデータが保管されているか照会してほしい、あるいは削除してほしい場合、連絡してほしい」というもの。

その例文をご紹介します。

メール例文

Hello 顧客名

We have updated our privacy policy in order to comply with the new personal data protection law (GDPR) that comes into effect for European residents.

At 事業者名 we have always been committed to protecting our customer’s data. We only collect the minimum information required to provide you with a seamless experience. We never have, and never will, share this information to outside parties except for delivery purposes.

You can contact us at 事業者の連絡先アドレス if you wish to view, amend or delete the personal data we hold.

Thank you for being 事業者名 fans and we look forward to bringing you exciting news and offers soon!

Best,
事業責任者名

かなり簡単なものですが、GDPRはとても厳格な規則なので、よく調べて自分がどのように関係していくのかを把握しましょう。
法としてはEUの顧客に関してのみですが、個人情報の取扱事業者としてはすべての顧客に対して同じレベルで意識を高く持つことが必要ですね。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA